作品の続きはすべてアプリで公開中!
Apple Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
次の話のサムネイル
2品目真冬のピクニック - ②

座敷娘と料理人 2品目

真冬のピクニック - ①
座敷娘と料理人
完結作品
お気に入りアイコン
132,958

座敷娘と料理人

著者:佐保里

あらすじ

その家を守る神様は、暮らす人に幸をもたらすという…。 お金にしか興味のなかった菅波多緒は、 バイト先の先輩からうさんくさい高収入短期バイトを紹介される。 田舎の古いお屋敷に住み込んで、 奥座敷に祭られる「神様」のお供え物を作るのだというが…。 金に釣られて応募した多緒だったが、その古い家には不思議な少女がいて…。 グルメ×和風ファンタジー×ちょっぴりラブコメ!? あたたかく幸せな季節を過ごす神様と人の物語。

真冬のピクニック - ①の応援コメント

※コメントの投稿はアプリからできます
ユーザーアイコン

No.3

桐乃

ID:RTSpStEa

2019-10-07 11:29:40

料理が好きというか、誰かに喜んで食べてもらうのが好きだったんだな…きっと、そのうち料理自体もすきになったのかもだけど、今やっと誰かのために作った料理を食べた人が美味しい美味しいって喜んで食べてもらえて主人公きっと嬉しいし幸せなんだろうなってしみじみと思った、素敵な話だなあ

415
ユーザーアイコン

No.12

いむん

ID:zHU6eIQ3

2019-10-14 22:08:25

親としても、今まで苦労を掛けた、これからは欲しいもの買って…って気持ちは有りそう たとえ主人公の思いとミスマッチだったとしてもね

337
ユーザーアイコン

No.4

箱庭

ID:k4XDVIUt

2019-10-09 12:42:35

高二で一万も貰えるとか羨ましいと感じたのは自分が恵まれた環境にいたからかね

135
ユーザーアイコン

No.18

boko

ID:s63tS5Gs

2019-11-24 21:47:17

>>5 一話で言ってる、その人の夢を叶えるて事での100万じゃないかな?単純なバイト代てだけじゃないとは思う 神様のおかげで事業が成功したケータロウさんが、恩人である神様の世話を身体を悪くした自分が行けないから、代わりに行ってくれるバイトの人の夢を叶えてあげよう、と読めるけどまぁ先読むとわかるけどここら辺の設定はあんまり出てこなくなるから(笑)

75
ユーザーアイコン

No.46

じーこ

ID:VIhxFCt2

2020-11-03 19:07:25

居場所がなくなった…か。親はそんな気なかったのかもしれないけど、ちょっと寂しいね。

58